効果と風向き(回転方向)

ようこそ、健康で快適な住まいへ

やさしい風

 

 

 

 


シーリングファンの効果と風向き(回転方向)

ハンターファンは室内の空気をゆっくりと循環させます。暖房や冷房の効率を高め、やさしい風が住まう人を優しく包みます。

やさしい風1

1,冷暖房使いすぎていませんか?

湿気の多い日本の現代生活には欠かす事の出来ない冷暖房ですが、夏は足元ばかりが冷えてしまう、冬は頭のほうが暑くなって足元は暖まらないなど、室内の上下温度差で不快感を覚えたことがないでしょうか。現代の建築はますます高気密・高断熱化して冷暖房効率が高くなっている反面、室内の通風が少なく、天井付近と床面との温度差は拡大している一面があります。かたよってしまう室温により、必要以上に冷暖房を効かせてしまっては、高気密・高断熱の意味が無いばかりか、過度の冷暖房による心身への障害も問題となってしまいます。自律神経が冷房の使いすぎにより麻痺してしまう冷房病や、体温調節機能が低下し、いくら暖房を強くしても寒いと感じてしまう温度不快覚症候群など、健康を害する危険性も無視できません。


2,身体に優しいハンターシーリングファン

通常の冷暖房機器だけでは、室内全体の空気を循環させることは容易でなく、どうしても上下の温度ムラが生じてしまいます。ハンターファンは、この問題を効果的に解消することができます。身体には感じないほど優しく、それでいてパワフルなハンターファンの送風は、室内に理想的な空気の対流を創り出します。空気の対流は体感温度を下げ、また室内全体の温度差を無くしますので、冷房の設定温度を上げて冷やし過ぎを防ぐこともできます。暖房時には、上部に溜まった熱気を撹拌・循環させ、不快な温度差を解消することにより、足元の冷気を緩和します。健康で快適な生活環境作りと省エネのためにも、ぜひハンターのシーリングファンをお役立てください。


3,夏の使用方法

やさしい風2夏は下向きの送風で、体感温度が下がり、エアコンと併用することで涼しさ・爽やかさが倍増します。


 4,冬の使用方法

やさしい風3冬は身体が強い風を感じないよう、上向き送風にします。暖気が循環して快適になります。(吹抜け天井や高所取り付けの場合は通年を通し下向きの風で使用します。)


5,飾りではない本物のシーリングファン

やさしい風4ハンターシーリングファンは、大きな羽根で広範囲に送風できる特徴を持ちます。ハンターが開発した高性能モーターは、小さな電力で強力に羽根を回転させることができ、またその羽根は効果的に風を作れるよう、独自のピッチ(角度)で取り付けられています。送風能力の高さこそ、ハンターシーリングファンが「飾りでない、本物のシーリングファン」と呼ばれる所以です。

左の画像は、ハンターファンのCFD解析結果です。ファンによる風は床面までしっかり到達しお部屋全体の空気を循環させることができます。

 

実際の温度変化

CFD解析結果を実際の部屋の温度変化で数値化する実験では、寒い冬の暖房が効いた部屋の下層部が18度、中層部が22度、上層部が27度と下層部と上層部の温度差は9度ある部屋でハンターシーリングファンを回転させ空気を充分に循環させて温度を測定をすると、下・中・上層部が約22度になる結果が得られました。暖房を入れても下層部が暖まらず足元が冷えるのは、暖気が上昇し暖めた暖気が上層部に滞留しているの場合があります。そのような場合ハンターシーリングファンはお部屋の空気を循環させ、室内の温度分布を均一化させるのに一定の効果を発揮することが実証されております。